【人気TOP3】DIGGIT名入れ商材トレンドニュース・2020/4月結果報告

【人気TOP3】DIGGIT名入れ商材トレンドニュース・2020/4月結果報告

2020年5月14日 オフ 投稿者: DIGGIT

早いもので5月も半ばに入り、今年のGWは、今まで誰も経験したことのないような静かなものになりました。

余談ですが、西洋占星術では、今年2020年は、200年に一度の変化が訪れる年だそうで、それも、「今までの常識が通用しなくなるほどの変化」と一部で言われていました。

あまり占いは信じない方ですが、本当に従来から言われている通りになってしまい、その的中具合に驚きを隠せません。

そんな一般常識すら変化していくこの日この頃。先月2020年4月にどんな商材がトレンドだったかをご報告します。


第3位 OTTOキャップ

今回3位にランクインしたのは、OTTOキャップでした。

従来上位にランクインするはずのキーホルダーコインケース等の商材生産がストップしてしまっていたので、その分、いつもはランクインしない商材が入ってきました。

OTTOキャップも、一時期はリモートワーク対応で、出社人数を大幅に減らしていたため、対応が遅くなった時期もありましたが、現在は工場も稼働しはじめていて、本来のスピード感に戻りつつあります。

48個という小ロットにて生産が可能で、納期も1ヶ月程度と早いのが特徴。

アメリカで50年以上の実績があるOTTO社製キャップは、安心のクオリティーです。

商材の詳細は以下にて詳しくご紹介しています!


第2位 ワッペン

2位ワッペンがランクイン!

こちらも、アメリカの工場がストップした影響で、ランクを上げてきた商材です。

弊社のワッペン中国で製造しているものですが、とてもクオリティーが高いのが特徴です。

良く某ショッピングサイトにて、安価でまとめ売りされているような、配りものレベルの低クオリティー品ではなく…

しっかりとした商品として販売できるレベル高クオリティーワッペンです。

パッケージなどもしっかり作り込むことができるので、付加価値をつけて、高級志向ワッペンへ仕上げることができます。

ワッペン型代がなく、弊社ではパンチングチャージなどもありません

初期費用を抑えて生産できる魅力的な商材です!

商材の価格や詳細は以下にて詳しくご紹介しています!


第1位 キーフロート

今回も1位は、キーフロートでした!

アメリカ製商材であるものの、新型コロナウイルスに負けず、今も安定して供給されつづけています。

既に何度もご紹介しておりご存知の方も多いとは思いますが、キーフロートビニールコートされたフロート系のキーホルダーです。

水に浮く性質からか、マリン関連のお客様から多数の引き合いがあります。

特に最近は、釣具業界のお客様からの引き合いも重なり、今回もTOPになりました!

弊社で取り扱っているキーフロートは、アメリカで多数あるキーフロートの中でも、元祖にあたるもの。

ビニールコーティングされたキーフロート生産実績経験豊富で、プリントがきれいに載るのが特徴です。

弊社では「配りものレベル」の低品質な商材は取り扱っておらず、「販売できるレベル」の高品質商材ご提供しています。

キーフロートの価格や詳細は以下にて詳しくご紹介しています!


ウイルス根絶から、ウイルスとの共存へ

アメリカでは自粛ロックダウンに耐えきれず、既に工場も再開してきているところが多くあります。

日本でも、いくつかの県で、緊急事態宣言の緩和も発表されたりしています。

一時期はゼロに近かったお問い合わせも、最近は少しずつ戻ってきており、経済が多少たりとも、前進してきていることを感じ始めています。

恐らく今後も、この新型コロナウイルス根絶は難しく、私達の選択肢は、この「ウイルスとの共存」になっていくことでしょう。

ウイルスと共存するためにすべきことを、弊社でもじっくり取り組んで行こうと思います。

以上、DIGGIT名入れ商材トレンドニュースでした。