【人気TOP3】DIGGIT名入れ商材トレンドニュース・2020/3月結果報告

【人気TOP3】DIGGIT名入れ商材トレンドニュース・2020/3月結果報告

2020年4月10日 オフ 投稿者: DIGGIT

毎日「コロナ、コロナ」で、正直コロナ鬱になってしまいそうなこの日この頃ですが、皆さんはいかがでしょうか?

まだまだ辛抱の時は続きますが、皆様の健康と、既に感染されてしまった方々の回復を心より願っております。

そんな2020年3月に、どんな名入れ商材トレンドだったのか、最もご注文の多かった人気商材TOP3をご紹介します。


第3位 コインケース

今回3位にランクインしたのは、コインケースでした。

先月もTOPの引き合いでしたが、今月はその順位を2つも下げています。

実際、受注数量前月と変わらなかったのですが、ついにコインケースを生産しているQuikey社のあるオハイオ州でも、新型コロナウイルス影響を受け始めてしまいました。

3月中旬くらいから、出社人数を減らして対応してきたQuikey社ですが、3月末にはとうとう営業を完全停止

メールの連絡は返ってきたり、受注は引き続き受け付けているものの、工場での生産はストップしています。

そんな影響から、何件かキャンセルになってしまったオーダーもありました。

とは言うものの、商材に罪はありません。

70年以上も実績のあるソフトビニール製のコインケースは、こんな苦境の中でも安定の人気でした。

商材の価格や詳細は以下にて詳しくご紹介しています!


第2位 IMPAK(インパック)

2位アメリカ製IMPAK(インパック)

ピルケース耳栓入れ、小銭入れなど、様々な用途として使用できるもの。

特にここ最近は、釣具業界での需要が多かったです。

ワームルアーなど、疑似餌を入れたりするのにちょうどいいそうで、そんな用途もあるのかと、逆に勉強になりました。

アメリカでは、を使ったハンティングなどが盛んなので、主に耳栓入れとして利用されることが多いようです。

IMPAKは、両サイドから力を加えるとパカッと大きく開くので、無くしやすい小物だったり、頻繁に使うものを入れておくのに便利なケースです。

商材の価格や詳細は以下にて詳しくご紹介しています!


第1位 キーフロート

今回の1位は、キーフロートでした!

こちらもアメリカ製で、ビニールコートされたフロート系のキーホルダーです。

水に浮く性質からか、マリン関連のお客様から多数の引き合いがあります。

3月は特に、IMPAKと同じく、釣具業界のお客様からの引き合いも重なり、今回TOPになりました!

そんな中でも特に、他社で生産されて、プリントがうまく行かず、ひどい状態で納品されたため、弊社のキーフロートにお問い合わせのあったお客様の件が印象的でした。

弊社で取り扱っているキーフロートは、アメリカで多数あるキーフロートの中でも、元祖にあたるもの。

ビニールコーティングされたキーフロート生産実績経験豊富で、プリントがきれいに載るのが特徴です。

そのお困りだったお客様に納品後、ご満足の行くクオリティーだったようで、すぐにリピートまで頂きました。

弊社では「配りものレベル」の低品質な商材は取り扱っておらず、「販売できるレベル」の高品質商材ご提供しています。

また、元々は小売店からスタートしておりますので、商品クオリティー特性に関しては20年以上の知識と経験があります。

作りたい商品でなにかお困りのことがあれば、なんでもお気軽にご相談ください!

長くなってしまいましたが、キーフロートの価格や詳細は以下にて詳しくご紹介しています!


最後に

いかがでしたか?

ついに、アメリカでも急激感染者死亡者増加してきた新型コロナウイルス

私達の業界以外でも、様々なところまでその経済的被害が広がっています。

ただ、今はそれでも辛抱の時。

まずは家にできるだけ居て感染者を増やさないことが大事です。

他国のような医療崩壊を防ぐためにも、小さき敵戦って行きましょう!

そうして収束した暁には、失ったものを取り返すべく、手を取り合って復興していければ幸いです。

以上、DIGGIT名入れ商材トレンドニュースでした。